くちびるに歌を(Echotamaのブログ)

Amazonプライム「30日間の無料体験はこちら」

 涙。

 3月11日、おびただしい数の命が失われました。

 一方、東日本大震災とは関係なく、3月29日には闘病中だった義父が亡くなりました。みんな泣きました。ひとつのいのちが亡くなるだけでも、たくさんの涙が流れる。震災で流された涙は、一体どれだけになるのか、見当もつきません。

 「がんばろう」「元気になろう」と言われても、そんな簡単にできるわけがありません。涙はとめどなく襲ってきます。唯一できることは、歌うこと。実際に声を出さなくても、頭の中に思い描いてみる。涙はますます流れてくるかもしれませんが、気持ちが少しは昇華していくように思います。

 震災で涙を流している人のくちびるに、歌が戻ってきますように。

 信長貴富氏作曲の「くちびるに歌を」。昨年の慶應ワグネル現役も歌っていますが、お江戸コラリアーずの素晴らしい演奏がYouTubeにありました。歌詞がついておりますので、こちらを紹介いたします。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA