ザ・シンフォニーホール(Echotamaのブログ)

Amazonプライム「30日間の無料体験はこちら」

ザ・シンフォニーホール(大阪・福島)1704席

 日本においてアリーナ式(ステージ後方にも客席がある形式)のクラシック専用ホールのさきがけとなったホールであり、格式が高く、現在でも大阪を代表する素晴らしいホールの一つです。

 私が学生だった時代は同志社グリークラブのホームグラウンドだったので、残響が大変長いという事前情報が伝わってきて、従来型のホールの経験しかなかった我々は違和感なく演奏できるか非常に不安でした。しかし実際に歌ってみると、まるで残響にアシストされるような感覚が気持ちよく、非常に歌いやすいホールだと感じました。

 慶應ワグネル現役の第110回定期演奏会(1985)の大阪公演は、同志社グリーのメンバーと一緒に聴いていた故福永陽一郎先生がスタンディングオベーションをした名演奏として今でも語り草になっています。

 なお、このホールはマナーに大変厳しく、決まりごとが多いので、団員達にきちんと遵守させるために、マネージャー達は人一倍苦労することは確実です。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA