ハンス・ホッター(Echotamaのブログ)

Amazonプライム「30日間の無料体験はこちら」

 もし「一番好きな歌手は?」と聞かれたら、私は「ハンス・ホッター」を挙げるでしょう。

 ワーグナー歌いとしてのホッターは当然のことながら天下一品ですが、歌曲でも素晴らしい録音を残してくれました。数ある中でも、シューベルト『冬の旅』のあまりにも孤独で寂寞とした独白は、他の歌手が薄っぺらに小賢しく聞えてくるほどです。EMIのスタジオ録音版(1942年版、1959年版の2種類あり)と、ソニーの日本でのライヴ録音版の3種類が手に入りますが、いずれも味がある名演だと思います。

ハンス・ホッター

 また、ヴォルフ&レーヴェの素晴らしいCDが出ていますが、その中でも『ミケランジェロの詩による三つの歌曲』は、もはや大彫刻家ミケランジェロと一つの存在となって、人間の存在の矮小さと、生きることの素晴らしさをともに歌い上げています。歴史に残る名盤だと思います。

シューベルト:歌曲集「冬の旅」

  • アーティスト: シューベルト,ムーア(ジェラルド)
  • 出版社/メーカー: EMIミュージック・ジャパン
  • 発売日: 1997/11/19
  • メディア: CD

シューベルト:冬の旅

  • アーティスト: シューベルト,ドコウピル(ハンス)
  • 出版社/メーカー: ソニーレコード
  • 発売日: 1997/06/21
  • メディア: CD

ヴォルフ&レーヴェ歌曲集

  • アーティスト: ヴォルフ,レーヴェ,ゲーテ,リュッケルト,シュライバー,ムーア(ジェラルド)
  • 出版社/メーカー: EMIミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2000/09/27
  • メディア: CD

ハンス・ホッターのWikipediaも私がドイツ語版から翻訳して大幅に加筆しております。

ハンス・ホッター – Wikipedia



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA