今年の諏訪の御柱祭、木落としは開催なし(Echotamaのブログ)

Amazonプライム「30日間の無料体験はこちら」

【悲報】さきほどラジオを聴いていたら、今年の御柱(おんばしら)祭では、木落としは行なわれないことが決定したそうです。里曳きは従来通り行うとのことですが、里まではクレーンで運ぶのだとか。

昔、長野赴任時がちょうど式年にあたり、見にいったことが今でも忘れられません。特に山から大木(御柱)を落とす木落としは最大の見どころです。毎回必ず死者が出ます(本当)。あまりにもクレイジーです。いや、決して死者が出ることを是認しているわけではありませんが、全国広しといえども、死者が出ても中止されない祭は諏訪の御柱と岸和田のだんじりだけではないでしょうか。これが開催されないのは地元にとって大きな落胆となっていることでしょう。

御柱祭(諏訪大社式年祭)、下社の木落しの様子。(長野県下諏訪町の通称「木落し坂」にて)

いつ始まったかもわからないほどの神代(かみよ)の昔から、変わらず続けられてきた歴史を持つ御柱すら、コロナには勝てなかったのか……。非常に残念です。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA