日本人として誇らしい?真鍋淑郎氏がノーベル物理学賞(Echotamaのブログ)

Amazonプライム「30日間の無料体験はこちら」

地震で眠れなくなってしまったので、連投失礼いたします。

すでに時間が少々経ってしまいましたが、米プリンストン大学の真鍋淑郎氏がノーベル物理学賞を受賞しました。それに対してコメントを求められた岸田文雄首相は「日本人として大変誇らしい」と答えたそうです。(10/6時事)

はあ?

真鍋氏は既に1958年(昭和33年)、すなわち63年も前に日本を離れてアメリカで研究を行なってきました。1975年(昭和50年)にはアメリカ国籍を取得。つまり、もう46年前からアメリカ人であって、日本人ではないのです。

しかも真鍋氏は「なぜ国籍を変えたのか」というインタヴューに対して「アメリカではやりたいことができる」(中略)「アメリカでの暮らしは素晴らしいと思っています。私のような研究者にとっては。好きな研究を何でもできるからです」(中略)「私はまわりと協調して生きることができない。それが日本に帰りたくない理由の一つです」と答えたそうです。(10/6ハフポスト)。誇らしいどころか、真鍋氏のような頭脳を留め置くことができずに流出させてしまっている日本という国や日本人を恥ずかしく思わないのですか?

また、ドイツのメルケル氏が岸田首相と同様に「大変誇らしい」と言ったら、大変な国際問題になるでしょう。まして、その学者がユダヤ人だったらどうなってしまうでしょうか?例えばアインシュタインに対してだとしたら!?

ここでも、日本独特の同調圧力がみてとれます。同調圧力の全てを否定する気はありませんが、お互いの阿吽の呼吸で物事を進めていくやり方では、今の日本に切迫して求められているスタートアップもブレイクスルーも生まれないでしょう。

私は小学生の時に激しいイジメに遭いました。「お前は変わっている」「頭がおかしい」「どうしてみんなと同じようにできないんだ」50年近く経った今も何一つ変わってはいないのです。ああ、誇らしき日本に幸あらんことを!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA