プーチンだけが悪いのか(ロシアのウクライナ侵攻)その3(Echotamaのブログ)

Amazonプライム「30日間の無料体験はこちら」

ユダヤは陰謀論の宝庫ですが、ゼレンスキー大統領自身がユダヤ人だと複数のソースで確認できたので、ユダヤ関連情報は不可欠だと思うのです。

ウクライナに対する米ネオコン(ユダヤ人の影響大)の事前策略説はキャッチしてはいます。しかし、アメリカユダヤロビー=ネオコン=ネオナチ=ウクライナ、という数式がどうにも解けません。とりわけ、ユダヤがネオナチとなってハーケンクロイツ(ナチのカギ十字)をつけているというのが理解不能なのです。

陰謀策略計画、外交軍事は裏の裏まであるのが通常とはいえ、どこかに落とした大事なピースがあるのではないかと。核心をつかむどころか、大要すら把握しかねております。お恥ずかしいです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA