立秋に寄せて(Echotamaのブログ)

Amazonプライム「30日間の無料体験はこちら」

今日は立秋。まだ暑いとはいえ、当地(八王子)では昨日までほどの暑さではありませんでした。また今年も秋が帰ってきます。昨年までの思い出とともに、そして忘れてしまったこととともに。

やがて秋……
        立原道造

やがて 秋が 来るだらう
夕ぐれが親しげに僕らにはなしかけ
樹木が老いた人たちの身ぶりのやうに
あらはなかげをくらく夜の方に投げ

すべてが不確かにゆらいでゐる
かへつてしづかなあさい吐息のやうに……
(昨日でないばかりに それは明日)と
僕らのおもひは ささやきかはすであらう

――秋が かうして かへつて来た
さうして 秋がまた たたずむ と
ゆるしを乞ふ人のやうに……

やがて忘れなかつたことのかたみに
しかし かたみなく 過ぎて行くであらう
秋は……さうして……ふたたびある夕ぐれに――

この詩にも三善晃先生が作曲しており、「こどものための合唱曲集『光のとおりみち』」に所収されています。メロディーが美しく、後半への盛り上がりが感動的な曲です。小学校高学年から中学生のために編まれた曲集とのことですが、この曲は中学生では難しいように思えてなりません。
立原-三善コンビのファンの方は多いと思うのですが、残念ながら音源は見つけられませんでした。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA