iPhone12の値下げは?(Echotamaのブログ)

先日の考察で、iPhone13はiPhone12のマイナーチェンジにすぎないという結論が出たので、一応iPhone12がどれだけ値下げになるのか調べてみました。

すると、
◆Apple Store:iPhone12/12miniの2機種のみ。大幅値下げは12miniだけ。
◆ドコモ:発表なし。
◆au:iPhone12miniのみ。
◆ソフトバンク:発表なし。
◆楽天モバイル:全機種(iPhone12ProMax/12Pro/12/12mini/SE(第2世代))。
ニュースソースはこちら↓
https://bitwave.showcase-tv.com/iphonexs-pricedown/

もう12ProMax/12ProはApple Storeでは販売されていないとか。一方12miniはもともと販売不振が取り沙汰されていました。
ニュースソースはこちら↓
https://iphone-mania.jp/news-383601/

まだドコモとソフトバンクから発表がないという不確定要素はありますが、楽天を除いて、値下げされるとしても12miniのみとなる可能性が高いように思います。

そうすると、楽天の「異次元」な値下げのみが目立ちますが、何かおかしい。思い起こせば、iPhone12投入時は楽天は対象外で、後から参入したのでした。参入にあたって、販売できる端末を遅れて確保しようとして、楽天はアップルとちょっと無理な契約をしたのではないか?契約数ほどiPhone12が売れなくて、もしかしたら既にiPhone12は楽天の在庫になってしまっているのではないか?楽天は何としてもその在庫をさばかなければならない状況なのではないか?アップルは楽天に高値でiPhone12をたくさん買ってもらって、既に利益は確保されているのではないか?……そんな想像が頭を駆け巡ります。

アップルの経営陣は、5Gといってもキラーコンテンツはないし、エリアはなかなか広がらないので、当面は需要はさほど上がらないと見ているのではないでしょうか。そうすると経済学の基本法則どおり、供給数が下がる(販売数が伸びない)か、価格が下がる(値崩れを起こす)ことが予想されます。そこで、マイナーチェンジにすぎない端末を、華々しく「iPhone13」と銘打って投入し、販売数の減少と値崩れを防ごうとした……考えすぎでしょうか。

私としては、当面アップルの掌の上で踊らないようにしたほうがいいのかな……と思っております。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA