慶應ワグネル Liebeslieder(愛の歌、新・愛の歌)より ブラームス 第30回東京六大学合唱連盟定期演奏会(東京六連)、第106回定期演奏会(Echotamaのブログ)

Amazonプライム「30日間の無料体験はこちら」

 畑中良輔先生の指揮による名演奏です。第30回東京六大学合唱連盟定期演奏会(東京六連)と第106回定期演奏会で歌われました。

 畑中先生は、大所高所から微細なところまで気持ちが行き渡っていて、私達には見えないものが見え、聞こえないものが聞こえているように思えます。その違いが何から生じてくるのか、私達にもわからないのですが、その遥かな高みに少しでも近づけるように、私達は、真っ直ぐに、真摯に、懸命に、必死にもがいて努力をするのです。その毎回毎回の積み重ねの全てが畑中先生の音楽なのであって、決して演奏会当日だけのものではないのです。

ヨハネス・ブラームス

 Liebesliederはレントラー(素朴な踊りのワルツ)が基本となっている組曲です。同じ三拍子でもヨハン・シュトラウスやレハールのような洗練されたウィンナーワルツとは全く違って、ワグネルには馴染みやすいように思います。そして、なぜか懐かしくなるような感情があふれてきて、体中を包み込んでいくように思えてくるのです。終曲が終わったあと、染み込んだ感動がじんわりと体を暖め続けてくれます。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA